• 敏感肌の化粧品選びのポイント

    一度なってしまうとなかなか抜け出せない敏感肌は、化粧品選びにもとても気を使います。


    肌のバリア機能が低下している状態なので、外部の刺激によるヒリヒリやかゆみなどを過剰に感じてしまいます。

    もともとの体質によることもありますが、ほとんどの場合は、加齢や間違ったスキンケアによる乾燥が原因です。健康的な肌には角質層にセラミドと呼ばれる細胞間脂質がたっぷりと含まれており、充分な水分を保持することで、外部の刺激から肌を守っています。


    しかし、加齢などにより、このセラミドが減少すると、細胞と細胞の間がスカスカになっていまい、アレルゲンなどが侵入しやすくなるので、刺激を感じやすくなるのです。

    お勧めの敏感肌のクレンジングのおすすめの情報が更新されています。

    この状態を改善するには、セラミド不足を解消する必要があります。


    敏感肌になってしまったら、セラミド配合の化粧品でしっかりと保湿してあげるようにしましょう。


    セラミドの中でも人の肌にもともとある成分と構造が似ているヒト型セラミドが特におすすめです。



    ヒト型セラミドが配合されたものは、高保湿で低刺激なので、敏感肌の人に最適です。
    また、肌のバリア機能が低下すると、ヒアルロン酸やコラーゲンの量の減少にもつながるので、これらの成分も一緒に配合されているとより高い効果を実感することができます。

    さらに、合成界面活性剤や防腐剤、着色料などの肌への刺激となる成分はなるべく配合されていないものを選ぶようにしましょう。


    敏感肌でも正しい化粧品でケアすることで改善することができます。



    毎日のケアに気を付けて潤いのある健康的な肌を取り戻しましょう。